令和2年4月4日 4月、5月の交通安全教室など中止のお知らせ

令和2年4月4日 新型コロナウィルス感染症予防に伴う交通安全教室など中止のお知らせ

 

令和2年4月11日と5月17日に予定されていたSAFETY RIDING SCHOOL、令和2年5月4日に予定されていました交通安全教室は新型コロナウィルス感染症の影響により中止することと決定いたしました。

参加を楽しみにされていただいていた方々におかれましては大変申し訳ありませんが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

また既にお申込みをいただいている方々に関しまして、重ねてお電話などでご報告させていただきます。

 

なお、以降の開催につきましては分かり次第、ホームページ等でお知らせいたします。

次回開催時にご参加いただけますこと、心よりお待ちしております。

大型免許を使うお仕事について聞いてみました!!

株式会社朝日通商 後藤社長

 

Q お忙しいところお時間をいただきありがとうございます。 今日は運送会社について少し教えていただきたく思います。 よろしくお願いいたします。

A 運送会社のほとんどはトラックで荷物を運んでいますが、トラックの大きさや運送範囲で仕事内容が変わってきます。 一言では言い表せませんが、間違いなく毎日荷物は動いていますよね。

 

Q 荷物といえば重たいイメージですが、大変ですよね。

A 最近は女性のドライバーさんも増えていますし、大募集中。 理由は荷物の積み降ろしがない、あるいは機械での積み降ろしが進んでいることで、荷物を触らず運転だけという働き方もあります。

 

Q そうなんですか!? 力仕事も多くあるイメージを持っていました。意外です!

A 意外といえば、トラックは自動車としての性能もすごく良いんです。乗り心地も快適で、高い視点なのでよく見えるし、昔と違い今は一般道路も高速道路もかなり整っていることから運転しやすい環境が整ってきています。

 

Q 運送範囲とはトラックの走行距離や時間ということですか?

A 走る距離で分けると長距離、中距離、近距離という見方から、会社によれば県内だけ、会社によれば四国島内、あるいは全国行きますなど、運送会社といっても運送体系は様々です。目的地が遠いと距離が長い分時間がかかります。

 

Q 大きなトラックで遠くまで、時間もかけて運転となると大変ではありませんか?

A ドライバーさんが4時間に一回、30分の休憩をすることはもちろん、朝日通商では遠くのお客様へ荷物をお届けする際でも、ドライバーさんは日帰りできるという仕組みをつくるなど、働きやすさも考えています。

Q 驚きです。大きな自動車ですから難しそうで、大変だと思っていました。ドライバーさんの特典とはどんなことでしょう?

A 一人の時間が多いから気楽だともよく聞きます。それと、色々な所に行けますので普段見ない風景を楽しんでいる人も多いです。 昔と比べ、本当に働きやすく楽しく仕事できるようになっています。

 

Q 今日はトラックのお仕事のイメージがガラッと変わりました。 後藤社長、本日はお忙しいところお話をお聞かせいただきましてありがとうございました。 また色々と教えてください。

今回、インタビューにお答えいただいたのは「株式会社朝日通商の後藤社長」でした。

こちらの会社さまのホームページはこちらから。

 

新型コロナウイルス対策について

坂出自動車学校をご利用くださり誠にありがとうございます。

新型コロナウイルスについて、当校では、教習業務に関しては教習期限・検定期限等の関係から通常どおり行っております。つきましては、感染予防対策の一環として下記のことに取り組んでおりますので、お客様におかれましても感染予防対策にご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

・入館時に手指の消毒液をご利用いただき、消毒をお願いいたします。

・こまめな手洗い、うがいをお願いいたします。

・入口に使い捨てマスクをご用意しておりますのでご入用の方はご着用ください。

・各教室、教習車両内に除菌剤を設置しております。

・全教習車に除菌剤を用意し、毎時間消毒します。

・風邪気味など体調不良の場合はご来所前にご一報をお願いいたします。

社員も当分の間マスクを着用して業務に従事いたしますので、お客様のご理解とご協力をお願いいたします。

≪参照URL≫

内閣官房ホームページ 新型コロナウイルス感染症対策

https://www.cas.go.jp/jp/influenza/novel_coronavirus.html

                            坂出自動車学校

TEL:0120-11-5658

教育訓練給付金制度について

坂出自動車学校では、準中型自動車・大型自動車免許を取得する際に教育訓練給付金制度を適応することができます。

 

教育訓練給付金制度とは

雇用保険の一定条件を満たす被保険者(在職者)又は一般被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し終了した場合に、その受講のために本人自ら教育訓練施設に支払った費用の一定割合に相当する額(最大20%)をハローワーク(公共職業安定所)から教育訓練給付金として支給されるものであり、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とした制度です。

 

受給資格

受講を希望する教育訓練講座の受講開始日において次の1.または2.に該当する方で、厚生労働大臣が指定した講座を受講し修了した方です。

1.雇用保険の一般被保険者(在職中の方)

受講を希望する教育訓練講座の受講開始日において、雇用保険の一般被保険者である期間が通算3年以上ある方(※再就職などで雇用保険の一般被保険者である期間が継続していなくても、離職後、一般被保険者でなかった期間が1年以内であれば、前職での一般被保険者期間も通算されます。)

2.雇用保険の一般被保険者であった方(離職されている方)

受講を希望する教育訓練講座の受講開始日において雇用保険の一般保険者でない方で、一般被保険者資格を喪失した日(離職日の翌日)以降、教育訓練講座の受講開始日までが1年以内であり、かつ雇用保険の一般被保険者期間が通算で3年以上ある方

※上記1、2とも、当分の間、初めて教育訓練給付の支給を受けようとする方については支給要件期間が1年以上あれば可能です。 詳しくは、お近くのハローワークにお問い合わせください。